交渉と書類作成を任す

慰謝料請求をするとなると、相手との交渉が不可欠です。裁判になるとしても、これは変わらない点になるでしょう。離婚協議に応じないこともありますし、交渉そのものを拒否してくるケースもあり、交渉は難航するものです。状況的に自分で交渉することができないこともあるはずです。浮気や不倫をした相手の顔も見たくないこともあるでしょう。法律事務所に依頼すれば、こうした負担からも解放されます。

書類交渉をすべて任せることになり、窓口にすることができるからですが、泥沼にならないようにすることもできます。相手としても法律事務所が関与して交渉をスタートしたとなれば、理由もなしに拒否することはできません。専門家が出てきたことで、相手にプレッシャーをかけていくこともできるようになり、慰謝料請求が早期に決着することも出てきます

実際に多くの書類も必要になってきますが、これもかなり面倒な部分です。自分で作成したくても、公的なものになれば、かなり面倒になるでしょう。法律事務所であれば、自分で作成する必要はなくなります。これは、離婚調停申立書のようなものだけではなく、示談書や内相証明といったものまで含まれるのですから、大きなメリットにつながるのは間違いありません。